家電製品の修理担当者の家電修理現場からのメッセージ

家電修理現場の舞台裏 > エアコンクリーニング

エアコンクリーニング

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム

室内機取外分解清掃



10年使ったエアコンの室内機をそこまでやるか・・・徹底洗浄します。



壁から取り外した状態ですべてのパーツを分解して専用の洗浄液で洗浄します。



室内機を分解するのは10年以上ぶりになります。



必要な工具をまとめましたが結局使ったのはプラスドライバーと六角レンチだけでした。



ラジオペンチも使ったかも知れません。六角レンチはファンモーターからファンを取り外す時に使います。


「室内機取外分解清掃」詳細はこちら

前面カバーのネジ

全面グリルとフィルターを取り外した状態です。

ここから先の分解は一般の人ではできない部分です。

「前面カバーのネジ」詳細はこちら

前面カバーを外しました。

 全面カバーを外した状態です。

エアコン工事関係者やクリーニング業者はここまで外して取り付け工事をしたクリーニングをします。

ここから先の分解は修理担当者の分野になります。

熱交換器は全体的にきれいですが二枚のフィルターの継ぎ目が極端に汚れています

「前面カバーを外しました。」詳細はこちら

送風ファンの汚れがひどい

 

エアコン室内機の送風ファンの汚れを見てください。

この汚れた送風ファンの風を浴びていたのですね。 送風ファンの汚れは一般の人では掃除できません。 クリーニング専門業者の中にもキッチリ掃除できてない業者もありました。

「送風ファンの汚れがひどい」詳細はこちら

室内機完全分解


エアコン室内機を完全に分解しました。
送風ファンの汚れがひどいというのがよくわかると思います。

ファンが収まっていた部分の裏側にもカビなどが大量に付着しています。
ファンモータと電装部品などは水洗いしないのですがそれ以外はすべて専用洗浄液で洗浄後水洗い乾燥します。

壁に取り付けたままの状態でいくら丁寧に洗浄してもどこかにはカビなどの汚れはのこりと思います。完全に分解するとそれがよくわかります。

「室内機完全分解」詳細はこちら

電装品取り外し開始


洗浄時に絶対濡らしていはいけない電装品。

室内機を取り付けたままのエアコンクリーニングでは液体がかからないようにビニールなどで養生するのが一般的です。

「電装品取り外し開始」詳細はこちら

電装品取り外し完了

エアコン室内機の電装品の取り外しが完了しました。
あとはファンモーターを取り外す必要があります。

電装品を取り外して水のかからない場所に保管しておけば
後の部品は洗浄液をガンガンスプレーして高圧の水で吹き飛ばしても大丈夫です。

「電装品取り外し完了」詳細はこちら

ファンの汚れ


エアコン室内機の送風ファンの拡大映像です。

「ファンの汚れ」詳細はこちら

ほぼ完全に分解

セコン室内機ほぼ完全に分解完了しました。

「ほぼ完全に分解」詳細はこちら

送風ファンの裏側の汚れ

送風ファンを取り外した後の裏側にもカビなどの汚れが密着しています。

この部分も直接洗剤をスプレーして洗浄します。

「送風ファンの裏側の汚れ」詳細はこちら

送風ファン洗浄開始

送風ファン洗浄開始します。
手持ちの古い衣装ケースに少しだけ薄めた洗浄液を入れています。
少しだけというのは少しだけしかないからです。

衣装ケースの対角線にやっと収まったという感じです。

「送風ファン洗浄開始」詳細はこちら

送風ファンの汚れは


送風ファンを専用洗浄液に漬けこみブラシでこすってクリーニングしました。

「送風ファンの汚れは」詳細はこちら

室内機完全分解

エアコン室内機をほぼ完全に分解して洗浄しました。

「室内機完全分解」詳細はこちら

室内機組み立て

エアコン室内機をほぼ完全に分解洗浄。

そして一番の山場である元道理に組み立てる作業です。

けっこう悪戦苦闘しました。(汗;)

「室内機組み立て」詳細はこちら

動画をつなげてみました。


室内機分解の今迄の動画をつなげてみました。

ところが・・・

「動画をつなげてみました。」詳細はこちら